便利な現代社会でも絶えることのない文通の文化

 

スマホを使ってインターネットにいつでもアクセスできる現代では、「人とつながる便利なコミュニケーションの手段」が次から次に増えています。

 

「メール」なら書いた文章をその場ですぐに送れます。「LINE」なら相手が自分のメッセージを読んだかどうかさえその場ですぐに分かります。「SNS」なら知り合いと24時間つながっている感覚すら得られるでしょう。

 

文通で使う「手紙」は手書きの文字を書くのに手間がかかり、ポストに投函した手紙が相手に届くまで時間もかかります

 

「メール」と「手紙」は、客観的な機能だけを比べれば、わずか数秒で確実に相手にメッセージを送れるメールの方が優れています。

 

しかしインターネットとスマホが普及したスピード社会のこの現代でも、あえて「文通をしたい人」は大勢います。

 

「手書きの手紙」をやり取りしたいという「アナログの温かさ」は、今でもとても根強いのです。

 

今まで文通体験のない人が文通を初めてしてみて、「これが自分のやりたかったコミュニケーションの形かも・文通をしていると気持ちが満たされる」と感じ、文通が意外なほど自分にしっくりくることもあります。

 

それは「文通」のように相手とじっくり向き合い、手書きの文字で自分の気持ちをしたためる「心と心の交流」は、文通以外の手段ではなかなか得ることが難しいからではないでしょうか。

 

手紙とコーヒーと穏やかな時間

 

文通は体験すると好きになる“古くて新しいコミュニケーション手段”

 

一度、文通のやり取りを体験してしまうと、「文通にしかない魅力と味わい・文通を介して伝わる人の温かみ」にはまってしまう人はとても多いのです。

 

文通は体験者が増えるほどニーズが再び掘り起こされるという意味で、「古くて新しいコミュニケーション手段」としての面白い特徴を持っています。

 

今まで手書きの手紙なんて書いたことがないという若い人ほど、一度体験すると文通の奥深い魅力や出会う人の多様性に引き込まれるかもしれません。

 

毎日、時間と効率に追われて余裕のないスピード社会だからこそ、「スピード重視ではない文通の価値」や「手紙から伝わってくる文通相手の人柄の魅力」が見直されやすいのです。

 

今、文通村でこの文章を読んでいるあなたも、「文通」という古くて新しいコミュニケーション手段に、なぜか興味を引き寄せられているのではないでしょうか?

四つ葉のクローバー

 

「文通村」なら安心して気軽に文通をスタートできる仕組みがあります!

文通で新たな世界を広げましょう

人間は本来、他者と語り合いながら支え合って生きる「社会的動物」としての面を強く持っています。「人との本音の語り合い」や「共感してお互いを受け容れ合う感覚」によって、私たちの心は潤って元気になるようにできています。

 

人は「モノ・お金・情報」とばかり必死に向き合っていても、本当の心の安らぎや幸せを得ることはなかなかできないのですが、個人主義の現代ではどうしても人と人が心をオープンにして語り合える場所や縁が限られます。

 

文通なら、人が本当に求めている「人(他者)の温かい気持ち」や「お互いを大切な仲間として認め合う絆の体験」を得ることができますし、そういうコミュニティを文通村は目指しています。

 

文通をしたい気持ちはあるけれど、「何から始めればいいのか分からない」とか「どうやって文通相手を探せばいいのだろう?文通で自分の本名や住所まで教えるのはちょっと怖い」とかいう疑問や不安を感じてなかなか一歩を踏み出せない人も多いと思います。

 

でも、安心してください。

「文通村」なら初めての人でも迷わず簡単に文通をスタートできる仕組みを準備しています。

 

安心して文通を楽しめるように「個人情報保護・プライバシー」に配慮した「文通村の仮想住所(会員固有の番号)」を発行しているので、「ペンネーム+文通村の住所」で大勢のふみびと達と楽しい文通の機会を持つことができますよ。

 

ほんの少しの勇気を出して手紙を送るだけで、文通はあなたに今までにない「魅力的な文通相手との出会い」や「人と人との温かい交流の感動」を与えてくれます。

 

文通村のコンテンツや会報を通して、「文通の魅力・楽しさ・味わい」を知って頂ければ、きっとあなたもいつの間にか「文通村のふみびとの一人」になっていることでしょう。

 

▶コラム一覧へ戻る

©2021 文通村~ふみびとの絆~ All Rights Reserved.