はがきや一筆箋で気軽に

時間が出来たら手紙を書こう。

落ち着いた時に、ゆっくりとあの人への返事を書こう。

そう思っている間に時がたち、手紙を出すタイミングを失ってしまった。

そんな経験、心当たりのある方も多いのでは?

 

手紙を書く時間を、日常から少しだけ切り離された特別なものに感じている方は多いでしょう。

 

はがき

 

じっくり選んだ便せんで、お気に入りのBGMをかけ、丁寧にいれたコーヒーを飲みながら静かに思いをしたためる。

そんな理想の「手紙シチュエーション」を胸に描いている方もいるかもしれません。

でも、何かと忙しい日々の中、その時間を見つけるのは結構むずかしいもの。

 

そんな時には、はがきや一筆箋の出番です。

はがきも一筆箋も、便せんに比べると書ける言葉はぐっと少ないですが、そこに込められる思いは変わりません。

簡単な近況と「あなたはいかがお過ごしですか?」という気持ちを届けるには十分。

受け取る人にとって、それが何より嬉しいもののはず。

 

いつの間にかやりとりが途絶えてしまった相手にも、はがきはおすすめ。

長い手紙を送るのはためらわれても、素敵な一枚に一言を書き添えるだけであれば、相手を驚かせることなく届けられるでしょう。

書ける言葉が少なくて、素っ気なく思われないかしらと不安になるかもしれませんが、大丈夫。

相手を思って選んだ一枚には、あなたの人柄が映されています。

長い長い文章よりも、はがきの写真や絵が、あなたの気持ちを伝えてくれることもあるのです。

 

郵便ポスト

ゆっくりと返事を書きたい、でもなかなか時間がとれない。

そんな時、ひとまず「手紙をありがとう」という気持ちを伝える役目も、はがきや一筆箋にお願いしましょう。

「またゆっくりとお返事しますね」と締めくくれば、相手も気長に続きを待ってくれるはず。

忙しい中でもちゃんと気にかけてくれているんだなあと、あなたの気持ちが伝わります。

 

文通と言えば、便せんと封筒。

そんなあなたの手紙生活に、ぜひはがきと一筆箋もくわえてください。

きっと、より気軽に、文通を楽しめるようになるはずですよ。

 

▶コラム一覧へ戻る

©2021 文通村~ふみびとの絆~ All Rights Reserved.