万年筆はカートリッジインクとボトルインクのどちらが良い?

はじめに~文通好きにもおすすめ万年筆の魅力

 万年筆と言えば、市販の様々な色のインクと組み合わせて使用ができることが魅力のひとつですね。文通が好きな方なら一度はきれいな万年筆のインクを見たことがあるのではないでしょうか?各社から膨大な種類のインクが販売されており好みの色を見つけるだけでも迷ってしまいます。文通をする際にもぜひ一度万年筆のインクを試してはいかがでしょうか?

 今回は、そんな万年筆のカートリッジインクとボトルインクの違いについてご説明します。

インクの色

 

カートリッジインクとボトルインクの違いは?

カートリッジインク

 まず、カートリッジインクとボトルインクの違いについてご説明します。

 カートリッジインクとはその名の通りカートリッジインクにあらかじめインクが入れられているタイプで、万年筆に直接カートリッジを差し込んで使用します。大手メーカーの人気インクはカートリッジインクが販売されていることが多いですが、ボトルインクに比べて種類多くはありません。カートリッジインクはひとつひとつが軽く万年筆本体に差し込むだけで使用ができるため、携帯性に優れています。そのため、いざ出先でインクが切れてもすぐに補充できることが利点です。

ボトルインク

 一方、ボトルインクは種類が豊富で、比較的マイナーなインクはほとんどカートリッジインクではなくボトルインクで販売されています。ボトルインクは一般的にカートリッジインクよりも内容量が多いため、コストパフォーマンスに優れており、万年筆上級者はボトルインクを使用している方がほとんどです。ただし、ボトルインクは「コンバーター」という万年筆本体とは別売りの器具を用い、万年筆本体のペン先からボトルインクを吸引する必要がありますので、初心者は少し手間取るかもしれません。(慣れれば、それも楽しみの一つになります。)また、コンバーターは各メーカーから販売されており、本体と異なるメーカーのコンバーターは使用できませんので、注意する必要があります。

ボトルインクと万年筆

初心者はカートリッジインクどちらからはじめるべき

初心者は本体に装着するだけでインクが使用できるカートリッジインクからはじめ、万年筆に馴れてきてからボトルインクに挑戦することをおすすめします。

 ボトルインクは別途コンバーターが必要となり、インクの吸引にもコツが必要なため、いきなりチャレンジすると挫折の原因になっていまいます。また、カートリッジインクは市販の安価な万年筆にも1本付属していることも多く、別途の購入せずにすぐに使用できることも魅力です。メーカーやカラーは限られていますので、万年筆に馴れてきたらボトルインクにチャレンジしてみましょう。

文通で使う万年筆のインク

まとめ

インク選びは万年筆を楽しむうえで醍醐味のひとつです。万年筆のインクは奥が深く、発色や耐水性、紙との相性など考慮するべきことは山のようにあります。

しかし、初めのうちはこのようなことを考慮せず、人気のカートリッジインクを選択して万年筆に馴れることを目指しましょう。万年筆を使用していく中でインクの組み合わせを試行錯誤していくことこそ、万年筆の楽しみと言えるのです。

文通村でも色とりどりの素敵なインクを楽しんでみてはいかがでしょうか?

▶コラム一覧へ戻る

©2021 文通村~ふみびとの絆~ All Rights Reserved.